株式会社 梨県環境科学検査センター

NEWS

トップページNEWS ≫ EN1811(装身具等から溶出するニッケル(Ni)量の分析)について

EN1811(装身具等から溶出するニッケル(Ni)量の分析)について

ピアスや指輪、腕時計等の装身具に使用される金属に含まれるニッケル(Ni)については、かねてより接触性金属アレルギー原因物質の1つとして挙げられています。
ニッケルについての規制は、日本では未だ制定されていませんが、欧州ではニッケルに関して皮膚と直接かつ長時間接触する製品についての使用及び流通に対する規制:EN1811が定められています。
この欧州規格EN1811は、試験試料を人工汗に1週間浸漬したときに溶出するニッケル量について、その分析方法や移行限度値等を規定したものです。

当社は現在、EN1811試験でISO/IEC17025試験所認定を取得している国内唯一の試験機関です。

 

新製品開発等でニッケルに対する評価が必要な際は、先ずはお気軽にお問い合わせ下さい。